[PR] 薪ストーブ     ベーチェット病の知識: ベーチェット病の副症状

ベーチェット病の副症状

ベーチェット病の副症状について説明します。

@関節炎

膝、足首、手首、肘、肩などの大関節に炎症が起こります。
左右対称ではない、変形や強直を残さない、手指などの小さな関節は侵されないという点で、慢性関節リウマチと異なります。
もちろんリウマチ因子も陰性です。

A血管病変

ベーチェット病で血管病変がみられたとき、血管型ベーチェットといいます。
圧倒的に男性が多く、動脈、静脈ともに侵されます。
静脈系の閉塞がもっとも多く、部位では上大静脈、下大静脈、大腿静脈などに好発します。
次いで動脈瘤がよくみられます。

B消化器病変

腸にも潰瘍を起こしたとき腸管型ベーチェットといいます。
やはり男性に多くみられます。
腹痛、下痢、下血などがみられます。
回盲部という部分に圧倒的に多くあらわれ、その他に上行結腸、横行結腸にもみられます。
潰瘍は深く超に穴が開くこともあり、緊急手術を必要とすることもあります。

C神経病変

神経症状が前面にでる病型を神経ベーチェットといいます。
ベーチェット病では難治性で、もっとも予後が不良です。
これも男性に多いのが特徴です。
ベーチェット病の発症から神経症状発現までは数年かかります。
平均で6.5年といわれています。
その症状は多彩で麻痺などさまざまです。
精神症状をみることもあります。
眼の症状を欠く場合に多いといわれています。

D副睾丸炎
ベーチェット病男性患者の約1割弱にみられます。
睾丸部を押すと生じる痛みや腫れを伴います。
posted by behcetbyou at 00:00 | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。